トイレで発生する水のトラブル対策~原因に合わせて最適な方法をご紹介~

水の流れが悪い原因を探れ!~トラブル解決の方法~ 水の流れが悪い原因を探れ!~トラブル解決の方法~

トイレの水の流れが悪い原因は何?

トイレ

最近、トイレの水の流れが悪いような気がすると思ったら、早急に対処することをおすすめします。放っておくと水漏れや詰まりを起こし、大変なことになってしまいます。まずはラバーカップ等で応急処置をしてみて、それでも改善しないようであれば早急に水のトラブルに対応してくれる専門業者に依頼しましょう。

トイレの流れが悪い~水のトラブルを放置しておくと詰まりの原因に~

水圧が弱くなったり、水の流れが悪くなったりしても、時間が経つと流れているからと水のトラブルを放置してしまう人も少なくありません。そのままトラブルを放置しておくと詰まりを起こしたり、汚れがたまりやすくなったりします。もし、詰まってしまうと、水漏れといった水のトラブルが起こり対処が大がかりになることが多いので、水の流れが悪いかなと感じるうちに早めに状態を直しておくことをおすすめします。

排水管がすでに詰まっているのかもしれません

トイレの水を流すのに十分な水量があるにも関わらず、水の流れが悪く滞りがちという場合には、すでに排水管の中で何かが詰まっているのかもしれません。排水管の中で物が詰まると、その分水が通るスペースが減るので水の流れが悪くなることがあります。少しの詰まりであれば、水の勢いで流れてくれることもありますが、詰まりに気付かず物を流してしまうと完全に詰まって、結果流れなくなり溢れてくるでしょう。

トイレの詰まりを引き起こす要因

トイレットペーパー
トイレットペーパーは水に溶けるから大丈夫だと思っている人もいると思います。実は、詰まりの多くは大量のトイレットペーパーが原因です。一度にたくさん流してしまうと溶けにくくなり詰まってしまいます。水に流せるトイレのお掃除シートにも同じことが言えます。たとえ水に溶ける素材であっても、一度に流す適量を守ることが大切です。
ティッシュペーパー
トイレットペーパーに薄さも形状も似ているため、ティッシュペーパーをトイレに流してしまう人もいます。ティッシュペーパーは元々こぼれたものを拭き取ったり、鼻水を拭いたりするようにできているため、水に溶けにくい性質をもっています。ですから、水のトラブルを防ぐためにもティッシュペーパーを、トイレットペーパーの代わりに使用しないように気をつけましょう。
固形物
小さな子どもがいる家庭では、子どもがいたずらでおもちゃを流して詰まらせてしまうことがよくあります。それ以外にも、胸ポケットから落ちたボールペンや名刺ケース、携帯電話などを落としてしまうこともあり、気が付かずにそのままにしておくと、詰まってしまいます。トイレに不必要なものはなるべくトイレ内に持ち込まないように心がけましょう。
生理用品
おむつや生理用品をトイレに流す人がいますが、これらは溶ける素材で作られていないので流せません。おむつや生理用品は水を含みやすくて大きさもあるために、1度流してしまっただけでも大変詰まりやすいものです。おむつや生理用品は、マナー違反にならないように適切な処理をした上で、トイレのゴミ箱に捨てるようにしましょう。
TOPボタン