トイレが詰まる水のトラブル~まずはラバーカップを試してみよう~

水の流れが悪い原因を探れ!~トラブル解決の方法~ 水の流れが悪い原因を探れ!~トラブル解決の方法~

水の流れを良くするにはトイレの詰まりを解消する!

水道管

トイレの水の流れが悪い時は、排水管の中に物が詰まっているケースが多いものです。詰まりの原因を解明して、トイレのトラブルを解消しましょう。完全に詰まって流れなくなってしまう前に、早めに行動することがポイントです。

便利アイテム“ラバーカップ”で詰まりを解消しよう

透明のビニールシートを用意する

簡単な詰まりであれば自分で解消しましょう。まずは、汚水が周りに飛ばないように、ゴミ袋など透明のビニールシートの真ん中に穴をあけラバーカップの柄を通します。

ラバーカップを密着させる

ラバーカップを便器内の排水口の部分に密着させます。このとき、カップと排水口を密着させる必要があるので、少しずつ動かしてうまくはまる位置を探してください。場所が決まったら、カップの中の空気を抜くようなイメージでゆっくりと押し付けていきます。

ラバーカップで詰まりを取る

しっかりと押し込めたら、カップを引き上げ水を吸いだし詰まっているものを引き上げます。このとき、一気に勢いよく引き上げるとうまくいきます。また、何度か押して引く作業を繰り返すと、排水がスムーズに流れるようになります。ですから、ラバーカップを使用する際は押し付けるときはゆっくりと、引き上げるときはすばやく一気に引くことがポイントです。

バケツで水を流して確認

排水がスムーズに流れるかチェックをするときは、バケツに汲んだ水を使用することをおすすめします。いきなりトイレのタンクの水で試しに流してしまうと、うまく詰まりが取れていなかった場合は途中で水を止めることができません。トラブルが完全に直っていないと、トイレの水が溢れてしまいます。そのため、まずはバケツの水を流し切れるかどうかを試してから、タンクの水を流してみましょう。

それでも詰まりが解消されない場合

ラバーカップを試してみても、まだ流れが悪い場合には、排水管の中に水に溶けない異物が残っている場合や、排水管が経年で勾配に変化が出ている場合などがあります。ラバーカップを数回試してみても、水の流れが悪いなら自力で解消することは難しいです。そのため、状態が悪化してしまう前に早急に水のトラブル専門業者に依頼しましょう。

TOPボタン