水のトラブルは未然に防げる!~すぐにできる予防対策~

水の流れが悪い原因を探れ!~トラブル解決の方法~ 水の流れが悪い原因を探れ!~トラブル解決の方法~

水のトラブルを未然に防ぐ方法

水のトラブルは突然起こるものです。しかし、トラブルを起こす原因を知っておくと、非常事態になることを未然に防ぐことができます。直接的でなくてもトラブルの原因になる行為もあります。水のトラブルにつながるようなNG行為をしていないか、チェックしてみましょう。

水のトラブルを招くNG行動に注意しよう~トイレ編~

トイレの節水
節約のために水の流す量を調整している人もいるでしょう。トイレの水は多すぎても少なすぎてもトイレに負担がかかってしまいます。もし、節水のためと水の量を調整している場合は、すぐにやめて、きちんと適切な量が出るように戻すことをおすすめします。節水は環境のためにも大切ですが、やり過ぎると生活に支障をきたしてしまいます。
タンクにペットボトルを入れる
水の節約のためにタンクの中にペットボトルを入れている家庭もあるでしょう。タンク内にペットボトルを入れると、中の部品にぶつかって、水が流れなかったり、反対に水が止まらなかったりなどのトラブルの原因になります。排水に必要な水が補えず、トイレの詰まりになる可能性もあり、タンクにペットボトルを入れることはおすすめできません。
携帯などをトイレに持ち込む
アクセサリーやペン、携帯電話などトイレの便器の中に落としそうなものは、できるだけトイレ内に持ち込まないように習慣付けましょう。また、トイレの棚に置いているものを取るときなども、誤って便器の中に物が落下してしまうことがあるので注意しましょう。棚の物を取りたいときは、便器のフタを先に閉める習慣をつけると良いです。

定期的に掃除をしよう~トイレのトラブルを最小限に~

トイレで水のトラブルを起こさないためにも、汚れをためないようにこまめに掃除することをおすすめします。便器の中はもちろん、床やトイレ周りも掃除する習慣をつけることで、何か異変があったときに見つけやすくなります。また、定期的に金具のゆるみがないかなども、掃除のついでにチェックしておくと良いでしょう。水のトラブルを起こしてしまう前に、未然に防ぐ努力が大切です。

TOPボタン